Publications

学術雑誌(Academic journals)

  • H.Akimaru, M.R.Finely, and K.Yamori,"A Practical Dimensioning Method of ATM Systems", IEEE Transactions on Communications, Vol.47, No.2, pp.311-315, February 1999.
  • 秋丸春夫,矢守恭子,藤川善規,牛志升,"ATMシステムの実用的設計法",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J82-B,No.6,pp.1097-1106,1999年6月.
  • 矢守恭子,秋丸春夫,"ATMネットワークにおけるテレビ会議システムの最適設計",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J83-B,No.9,pp.1277-1283,2000年9月.
  • K.Yamori, Y.Tanaka, and H.Akimaru, “Price Optimization of Contents Delivery Systems with Priority”, Networking, Lecture Notes in Computer Science, Vol.2093, pp.65-74, Springer, July 2001.
  • 矢守恭子,田中良明,"優先制御によるデータ転送のユーザ効用最大化",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J86-B,No.10,pp.2041-2052,2003年10月.●電子情報通信学会論文賞受賞論文.
  • 高橋英士,八木規行,矢守恭子,田中良明,"市場に基づく優先制御コンテンツ配信システム",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J88-B,No.6,pp1047-1057,2005年6月.
  • 梶田剛広,高橋英士,矢守恭子,田中良明,"ユーザ効用に基づくマルチキャスト最適配信間隔設定と呼受付制御",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J88-B,No.10,pp.2042-2051,2005年10月.
  • 矢守恭子,田中良明,"差別化サービスの最低保証帯域幅と支払意思額の関係",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J89-B,No.3,pp.390-394, 2006年3月.
  • K.Yamori and Y.Tanaka, "Users' Benefit and Provider's Revenue of Content Delivery Services with Priority Control", Project E-Society: Building Bricks, IFIP International Federation for Information Processing, Vol.226, pp.240-251, Springer, October 2006.
  • N.Karasawa, K.Yamori, K.Donkai, and Y.Tanaka, "Analysis and Modelling of Willingness to Receive Reward for Relay in Ad Hoc Networks", Integration and Innovation Orient to E-Society Volume 2, IFIP International Federation for Information Processing, Vol.252, pp.160-167, Springer, December 2007.
  • 矢守恭子,田中良明,"ユーザの効用から見た通信品質制御とその評価",次世代のサービス品質技術小特集,電子情報通信学会誌,Vol.91, No.2, pp.98-102, 2008年2月.
  • T.Kajita, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Pricing for Maximizing Provider's Revenue in Multicast Content Delivery Services", Towards Sustainable Society on Ubiquitous Networks, IFIP International Federation for Information Processing, Vol.286, pp.173-183, Springer, August 2008.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"コンテンツ配信のための複数サーバマルチキャストツリー構築法",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J92-B,No.3,pp.515-526,2009年3月.
  • 江口眞人,三好 匠,矢守恭子,山崎達也,"遅延条件とコンテンツに対する選好を考慮した共分散構造分析によるQoEモデルの構築",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J92-B,No.12,pp.1810-1822,2009年12月.
  • 岡本司,三宅功,矢守恭子,田中良明,"最低帯域条件を有する企業ユーザに対する帯域確保サービスの効用",電子情報通信学会論文誌(B),Vol.J94-B,No.3,pp.423-435,2011年3月.

国際学会(International conferences)

  • H.Akimaru, M.R.Finely, and K.Yamori, "Dimensioning, QoS and Tariff Issues in ATM Systems", 4th INFORMS Telecommunications Conference, No.WB2-3, Boca Raton, Florida, U.S.A., March 1998.
  • H.Akimaru, K.Yamori, and M.R.Finely, "Dimensioning of Video Conferencing Systems in ATM Networks", International Conference on Computer Communications (ICCC'99), Tokyo, Japan, No.T-11-2, pp.294-299, September 1999.
  • K.Yamori, H.Akimaru, and M.R.Finely, "Optimum Design of Videoconferencing Systems over ATM Networks", 16th IFIP World Computer Congress 2000, International Conference on Communication Technology 2000 (ICCT 2000), Beijing, China, No.S05.2, pp.1213-1219, August 2000.
  • K.Yamori, Y.Tanaka, and H.Akimaru, "Pricing Method for Contents Delivery with Priority Considering Request Rate", 4th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2001), Kathmandu, Nepal / Atami, Japan, Session 4, pp.96-100, November 2001.
  • K.Nomura, K.Yamori, E.Takahashi, T.Miyoshi, and Y.Tanaka, "Waiting Time versus Utility to Download Images", 4th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2001), Kathmandu, Nepal / Atami, Japan, Session 5, pp.128-132, November 2001.
  • N.Yagi, E.Takahashi, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Pricing and Scheduling in Contents Delivery Networks", The 2002 International Technical Conference On Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2002), Phuket, Thailand, pp.1074-1077, July 2002.
  • K.Yamori, Y.Tanaka, and H.Akimaru, "Maximum User Utility on Contents Delivery System with Multiple Priority Classes", The 2002 International Conference on Circuits/Systems Computers and Communications (ITC-CSCC 2002), Phuket, Thailand, pp.1113-1116, Jury 2002.
  • T.Tomita, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Maximizing Utility of Multi-Class Contents Delivery Considering their Attributes", 5th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2003), Noumea, New Caledonia, No.A4-2, pp.275-280, November 2003.
  • N.Yagi, E.Takahashi, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Efficiency of Dynamic Pricing in Priority-based Contents Delivery Networks", 5th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2003), Noumea, New Caledonia, No.A4-3, pp.281-286, November 2003.
  • K.Yamori, T.Tomita, and Y.Tanaka, "Relationship between Content Attribute and Waiting Time Sensitivity in Contents Delivery", 5th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2003), Noumea, New Caledonia, No.A4-4, pp.287-292, November 2003.
  • K.Yamori and Y.Tanaka, "Relation between Willingness to Pay and Guaranteed Minimum Bandwidth in Multiple-Priority Services", 10th Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2004), Beijing, China, No.MA06-1, pp.113-117, August 2004.
  • K.Yamori, H.Ito, and Y.Tanaka, "Analysis of Willingness to Pay in Guaranteed Multiple-Priority Service", IEEE TENCON 2004 (Region 10 Conference), Chiang Mai, Thailand, Session WC-07, Vol.C, pp.212-215, November 2004.
  • T.Kajita, E.Takahashi, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Optimal Delivery Interval and Call Admission Control of Multicast Content Delivery Based on Users' Utility", International Network Optimization Conference (INOC 2005), Lisbon, Portugal, Session TB4, pp.B2.434-B2.441, March 2005.
  • K.Yamori, H.Ito and Y.Tanaka, "Optimum Pricing Methods for Multiple Guaranteed Bandwidth Service", The 2005 Networking and Electronic Commerce Research Conference (NAEC 2005), Riva Del Garda, Italy, pp.349-355, October 2005. ●エリクソン・ヤング・サイエンティスト・アワード受賞論文.
  • Y.Suda, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Content Clustering Based on Users' Subjective Evaluation", 6th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2005), Yangon, Myanmar, No.A-4-2, pp.177-182, November 2005.
  • H.Karasawa, S.Terada, T.Miyoshi, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Evaluation Indices of Many-to-Many Multicast Routing Tree to Represent Delay Performance", 2006 Asia-Pacific Conference on Communications (APCC 2006), Busan, Korea, Paper No.2E6, 5 pages, August 2006.
  • H.Bessho, K.Yamori, and Y,Tanaka, "Pricing Methods for IP Broadcast Services Based on User's Viewing Styles", The International Conference on Communication Technology (ICCT'2006), Guilin, China, Vol.1, pp.1-4, November 2006.
  • K.Yamori, H.Bessho, and Y.Tanaka, "Pricing for IP Broadcast Service based on Price Elasticity", 7th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2008), Bandos Island, Maldives, No.B-4-3, pp.191-196, April 2008.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Two Network Formation Games for ISP Relationship", 11th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2008), Beijing, China, No.I1-2, 8 pages, October 2008.
  • H.Q.Dang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Performance Comparison between Fixed Function Pricing Scheme and Auction Pricing Scheme", 24th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2009), Jeju, Korea, Paper No.C-07-0290, pp.1507-1510, July 2009.
  • L.Sun, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Overlay Network Routing Based on Shadow Price", 24th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2009), Jeju, Korea, Paper No.C-11-0667, pp.1374-1377, July 2009.
  • K.Tezuka, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Pricing for Flat-Rate VOD Type IPTV Services by Using Nash Bargaining Solution", 12th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2009), Jeju, Korea, No.I2-4, 8 pages, September 2009.
  • T.Fujii, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Ad Hoc Network Service with Relay Reward and its Routing Performance", 8th Asia-Pacific Symposium on Information and Telecommunication Technologies (APSITT 2010), Kuching, Sarawak, Malaysia, No.C-7-3, 6 pages, June 2010.
  • T.Murase, T.Kakehi, G.Motoyoshi, K.Yamori, and R.Shinkuma, "Optimal Route Planning in Wireless Networks for Mobile Users with Incentive Mechanism", Proceedings of 2011 IEEE Consumer Communications and Networking Conference (CCNC'2011), No.T2-6-4, pp.775-776, January 2011.
  • T.Kakehi, R.Shinkuma, T.Murase, G.Motoyoshi, and K.Yamori, "Route Instruction Mechanisms with 'Longcut' Paths for Mobile Users", IEEE Communications Society, 2011 International Communications Quality (CQR 2011), Naples, Florida, USA, May 2011.
  • M.Zhanikeev, K.Yamori, R.Yamamoto, and Y.Tanaka, "A Method for Side Splitting of Packet Traces", 13th Asia-Pacific Network Operations and Management Symposium (APNOMS 2011), Taipei, Taiwan, Paper No.TS6-1, September 2011.

国内研究会(Domestic monthly conferences)

  • 矢守恭子,秋丸春夫,"ATMネットワークにおけるテレビ会議システムの最適設計",電子情報通信学会技術研究報告,No.SSE2000-17,pp.55-60,2000年4月.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"優先制御コンテンツ配信方式の効用最大化",平成12年度沖縄情報通信ワークショップ,No.B-3,2000年12月.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"優先制御コンテンツ配信方式の料金設定法",電子情報通信学会技術研究報告,No.SSE2000-200,pp.13-18,2000年12月.●電子情報通信学会交換システム研究賞受賞論文.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"リクエスト率の変化を考慮した優先制御コンテンツ配信の料金設定法",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2001-44,pp.31-36,2001年6月.
  • 野村一智,矢守恭子,高橋英士,三好匠,田中良明,"画像表示待ち時間対効用の関係と優先制御への適用",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2001-71,pp.63-68,2001年7月.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"コンテンツ配信の優先制御クラス数と最適料金設定法",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2001-163,pp.59-64,2001年11月.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"優先制御コンテンツ配信における最適クラス数",平成13年度沖縄情報通信ワークショップ,No.A-3,2001年11月.
  • 八木規行,矢守恭子,高橋英士,田中良明,"料金制御によるコンテンツ配信スケジューリング",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2002-6,pp.21-24,2002年4月.
  • 矢守恭子,野村一智,富田健,田中良明,"配信待ち時間と効用の関係におけるコンテンツ属性の主要因分析",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2002-169,pp.49-52,2002年11月.
  • 矢守恭子,伊藤博礼,田中良明,"配信待ち時間と効用の関係におけるコンテンツ属性の主要因分析",第4回沖縄情報通信ワークショップ2002,セッションA,No.A-2,pp.5-8,2002年11月.
  • 野村一智,矢守恭子,田中良明,"ストリーミング配信におけるパケット優先度動的変更方式",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2002-227,pp.37-40,2003年2月.
  • 伊藤博礼,矢守恭子,田中良明,"定額制帯域保証サービスの支払い意思額の分析",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2003-38,pp.29-32,2003年7月.
  • 八木規行,高橋英士,矢守恭子,田中良明,"優先制御コンテンツ配信における動的料金設定の効果",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2003-77,pp.53-56,2003年7月.
  • 富田健,矢守恭子,田中良明,"コンテンツ属性を用いた多クラス優先制御配信の効用最大化",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2003-43,pp.11-14,2003年9月.
  • 平山純,矢守恭子,田中良明,"差別化サービスの最低保証帯域と支払い意思額の関係",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2003-66,pp.17-20,2003年11月.
  • 平山純,矢守恭子,田中良明,"非輻輳時利用可能帯域幅が最低保証帯域幅対支払い意思額の関係に与える影響",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2003-118,pp.23-26,2004年2月.
  • 伊藤博礼,矢守恭子,田中良明,"帯域保証サービスにおける最適料金設定法",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2003-270,pp.85-88,2004年3月.
  • 八木規行,高橋英士,矢守恭子,田中良明,"コンテンツ配信におけるサービスクラス選択行動とそれを利用したトラヒック制御",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2003-366,pp.373-379,2004年3月.
  • 伊藤俊輔,矢守恭子,田中良明,"制限式割込み形優先制御におけるユーザ効用最大化",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ-2004-65,pp.29-34,2004年7月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"ユーザ効用に基づくマルチキャスト呼受付制御",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2004-135,pp.9-12,2004年10月.
  • 矢守恭子,田中良明,"最低保証帯域幅の主観品質評価と支払意思額の分析",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2004-95,pp.25-28,2004年11月.
  • 伊藤博礼,矢守恭子,田中良明,"帯域保証サ-ビス選択行動モデルによる最適料金設定",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2004-201,pp.13-16,2005年3月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"人気度に応じた配信間隔設定によるマルチキャストコンテンツ配信効用最大化",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2004-278,pp.171-174,2005年3月.
  • 須田洋平,矢守恭子,田中良明,"ユーザの主観評価に基づくコンテンツグループ化",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2005-21,pp.31-36,2005年7月.
  • 伊藤俊輔,矢守恭子,田中良明,"優先制御コンテンツ配信におけるユーザ便益と事業者収益",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2005-63,pp.77-80,2005年9月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"ユーザ効用に基づくマルチキャスト速度別配信",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2005-93,pp.79-82,2005年9月.
  • 田中聡,山田茂樹,上岡英史,井手口哲夫,奥田隆史,福田晃,北須賀輝明,田中良明,矢守恭子,"ユーザ指向タイムクリティカルネットワーク実現に向けたエージェンイント流入形プライバシー保護方式",情報学ワークショップ2005(WiNF2005),セッションFR23,pp.249-254,2005年9月.
  • 唐澤肇,寺田真介,三好匠,田中良明,矢守恭子,山田茂樹,上岡英史,井手口哲夫,奥田隆史,福田晃,北須賀輝明,"ユーザ指向タイムクリティカルネットワークにおける多対多マルチキャストツリーの特性評価",情報学ワークショップ2005(WiNF2005),セッションFR23,pp.255-260,2005年9月.
  • 北須賀輝明,溝口和寛,中西恒夫,福田晃,田中良明,矢守恭子,山田茂樹,上岡英史,井手口哲夫,奥田隆史,"ユーザ指向タイムクリティカルネットワークのためのIEEE 802.11マルチホップネットワーク高スループット化手法の提案",情報学ワークショップ2005(WiNF2005),セッションFR23,pp.261-265,2005年9月.
  • 田内雅之,井手口哲夫,奥田隆史,福田晃,北須賀輝明,田中良明,矢守恭子,山田茂樹,上岡英史,"ユーザ指向タイムクリティカルネットワークにおけるルーティングプロトコルAODV-BAの実装と評価",情報学ワークショップ2005(WiNF2005),セッションFR23,pp.266-270,2005年9月.
  • 唐澤肇,寺田真介,三好匠,矢守恭子,田中良明,"重回帰分析による多対多マルチキャストツリー特性解析",電子情報通信学会技術研究報告,No.IN2005-114,pp.25-30,2005年12月. ●電子情報通信学会情報ネットワーク研究賞受賞論文.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"コンテンツダウンロードサービスにおける呼損率とユーザ支払意思額の関係",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2006-37,pp.5-8,2006年6月.
  • 別所浩資,矢守恭子,田中良明,"VOD形IP放送の視聴形態に応じた料金設定",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2006-38,pp.9-12,2006年6月.
  • 柄沢直之,呑海賢次,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額の調査と分析",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2006-54,pp.41-44,2006年7月.
  • 須田洋平,矢守恭子,田中良明,"ユーザ志向に基づく移動端末での映像視聴の目的と場所の関係",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2006-43,pp.47-50,2006年9月.
  • 唐澤肇,寺田真介,三好匠,矢守恭子,田中良明,"重回帰分析による多対多マルチキャストコアベースツリーの特性解析",電子情報通信学会技術研究報告,No.IN2006-82,pp.31-36,2006年10月.
  • 柄沢直之,呑海賢次,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額の関数推定",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2006-117,pp.99-104,2006年10月.
  • 矢守恭子,田中良明,"料金と効用に基づくユーザ行動モデルの構築とその応用"(招待講演),電子情報通信学会技術研究報告,No.IN2006-121,pp.43-48,2006年12月.
  • 須田洋平,矢守恭子,田中良明,"携帯端末を用いた映像視聴の品質に対するユーザ評価の要因分析",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2006-90,pp.61-66,2007年1月.
  • 唐澤肇,寺田真介,三好匠,矢守恭子,田中良明,"多対多マルチキャストのための複数固定木選択形ルーチングアルゴリズム",電子情報通信学会技術研究報告,No.IN2006-205,pp.149-154,2007年3月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"効用に基づく複数サーバマルチキャストルーチング",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2007-3,pp.13-18,2007年4月.
  • 呑海賢次,柄沢直之,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額の特性分析",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2007-23,pp.49-54,2007年7月.
  • 別所浩資,矢守恭子,田中良明,"VOD形IP放送におけるユーザ行動と事業者収入最大化のための料金設定法",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2007-49,pp.55-60,2007年7月.
  • 別所浩資,矢守恭子,田中良明,"VOD形IP放送におけるサーバ規模と事業者収入の関係",電子情報通信学会技術研究報告,No.IN2007-145,pp.17-22,2008年2月.
  • 呑海賢次,柄沢直之,矢守恭子,田中良明,"中継謝金受取意思額に基づくアドホックネットワークルーチング方式",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2007-208,pp.423-428,2008年3月.
  • 手塚一貴,別所浩資,矢守恭子,田中良明,"定額制VOD形IP放送における事業者収入とユーザ便益の妥結点",電子情報通信学会技術研究報告,No.ICM2008-23,pp.127-132,2008年5月.
  • 高田祐,矢守恭子,田中良明,"携帯端末におけるコンテンツダウンロードの視聴目的とQoEの関係",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2008-14,pp.5-8,2008年7月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"複数サーバマルチキャストルーチングにおけるブロック転送方式",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2008-35,pp.55-60,2008年7月.
  • H.Q.Dang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Performance Analysis of Dynamic Pricing Scheme to Control Network Congestion", IEICE Technical Report on Information and Communication Management, No.ICM2008-48, pp.49-54, November 2008.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Dynamic QoS Pricing to Prevent the Tragedy of the Commons in the Internet", IEICE 6th QoS Workshop, No.QW6-P-06, pp.43-44, December 2008.
  • 矢守恭子,高橋徹,田中良明,富永英義,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額とセキュリティ意識の関係",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2008-59,pp.1-4,2009年1月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"Intra-Session Fairnessに基づくマルチキャストサービス料金設定",電子情報通信学会技術研究報告,No.IN2008-131,pp.55-58,2009年2月.
  • 手塚一貴,矢守恭子,田中良明,"定額制VOD形IP放送サービスにおけるユーザ便益と事業者収益に基づく視聴料金設定",電子情報通信学会技術研究報告,No.ICM2008-73,pp.87-92,2009年3月.
  • 高田祐,矢守恭子,田中良明,"携帯端末によるコンテンツダウンロードにおける許容待ち時間の要因分析",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2009-14,pp.77-80,2009年4月.
  • 藤井拓也,矢守恭子,田中良明,"中継謝金を用いたアドホックネットワークサービスとそのルーチング手法",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2009-49,pp.37-42,2009年7月.
  • 手塚一貴,矢守恭子,田中良明,"従量制VOD形IP放送における事業者収益最大化料金設定",電子情報通信学会技術研究報告,No.ICM2009-54,pp.53-56,2010年3月.
  • 岡本司,三宅功,矢守恭子,田中良明,"企業ユーザに対する帯域確保サービスの効用評価",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2010-14,pp.77-82,2010年4月.
  • 矢守恭子,田中良明,"通信品質からQoEへの定量化とユーザ効用最大化"(招待講演),電子情報通信学会技術研究報告,No.HIP2010-11,HCS2010-11,pp.59-64,2010年5月.
  • 孫麗花,矢守恭子,ザニケエフ・マラット,田中良明,"OSPFルーチングのQoS評価とQoE評価",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2010-41,pp.43-48,2010年9月.
  • 新熊亮一,矢守恭子,"経済学的アプローチによって広がる通信制御・応用の可能性"(招待講演),No.NS2010-60,IN2010-44,CS2010-28,pp.97-72,2010年9月.
  • 岡本司,三宅功,矢守恭子,田中良明,"企業ユーザ向け帯域確保サービスの料金設計法",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2010-90,pp.13-18,2010年11月.●電子情報通信学会ネットワークシステム研究賞受賞論文.
  • 江口眞人,三好匠,矢守恭子,山崎達也,"ユーザの状況要因がQoE評価に与える影響のモデル化",No.CQ2010-52,pp.23-28,2010年11月.●電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究賞受賞論文.
  • 藤井拓也,矢守恭子,田中良明,"中継謝金を支払うアドホックネットワークサービスにおける基本料金と通信料金の設定法",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2010-209,pp.263-268,2011年3月.
  • 高田祐,矢守恭子,田中良明,"携帯端末における最大許容待ち時間に基づくコンテンツ配信スケジューリング",電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2010-71, pp.25-28,2011年3月.
  • C.Zhang, K.Yamori, S.Xu, Y.Tanaka,"Dutch Auction for Network Congestion Control",電子情報通信学会技術研究報告,No.NS2011-17, pp.7-12, 2011年5月.
  • B.Gu, K.Yamori, S.Xu, Y.Tanaka,"QoS Provisioning and Load Distribution in Federated Wireless LANs",電子情報通信学会技術研究報告,No.IN2011-21, pp.19-22,2011年5月.
  • 村瀬勉,新熊亮一,長谷川剛,矢守恭子,小口正人,太田能,D.Sarkar,D.Raychaudhuri,"パレート最適ネットワーク制御技術の実現にむけて ~ 無線・有線コグニティブ環境におけるユーザを主体としたネットワーク制御 ~"(招待講演),電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2011-38,No.MoMuC2011-22,pp.57-62,2011年9月.

国内大会(Domestic annual conferences)

  • 秋丸春夫,M.R.フィンレイ,矢守恭子,"ATMシステムの一設計法",平成9年度電気関係学会東海支部連合大会,No.504,1997年9月.
  • 秋丸春夫,矢守恭子,藤川善規,"ATMシステムにおけるバースト性トラヒックの一設計法",平成10年度電気関係学会東海支部連合大会,No.446,1998年9月.
  • 秋丸春夫,M.R.フィンレイ,矢守恭子,"テレビ会議システムを利用した遠隔教育環境について",平成10年度電気関係学会東海支部連合大会,No.464,1998年9月.
  • 矢守恭子,秋丸春夫,M.R.フィンレイ,"テレビ会議システムにおける画像信号速度に関する一考察",平成11年度電気関係学会東海支部連合大会,No.433,1999年9月.
  • 矢守恭子,田中良明,"コンテンツ配信料金設定法の一提案",2000年電子情報通信学会通信ソサエティ大会,No.B-6-27,2000年9月.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"遅延時間を考慮した優先制御配信モデルの検討",2001年電子情報通信学会総合大会,No.SB-5-2,2001年3月.
  • 野村一智,高橋英士,矢守恭子,三好匠,田中良明,"優先権付きパケット転送の効用最大化",2001年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-12,2001年3月.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"効用とリクエスト率を考慮した優先制御コンテンツ配信",2001年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.SB-4-2,2001年9月.
  • 野村一智,矢守恭子,高橋英士,三好匠,田中良明,"主観評価実験による待ち時間対効用の関係と優先制御の効果",2001年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.SB-4-3,2001年9月. ●電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文(第一著者が受賞).
  • 矢守恭子,秋丸春夫,田中良明,"コンテンツ配信の優先クラス数と最適料金方式について",平成13年度電気関係学会東海支部連合大会,No.433,2001年11月.
  • 矢守恭子,田中良明,秋丸春夫,"コンテンツ配信における伝送コスト当たりの効用",2002年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-164,2002年3月.
  • 八木規行,矢守恭子,高橋英士,田中良明,"動的料金設定によるコンテンツ配信トラヒック制御",2002年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-165,2002年3月. ●電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文(第一著者が受賞).
  • 三好匠,矢守恭子,田中良明,"マルチキャストツリー評価手法の提案",2002年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-174,2002年3月.
  • 矢守恭子,田中良明,"多クラス優先制御コンテンツ配信における効用最大化",2002年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-7-58,2002年9月.
  • 野村一智,矢守恭子,高橋英士,三好匠,田中良明,"コンテンツ属性と待ち時間に対するユーザ効用",2002年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-37,2002年9月.
  • 矢守恭子,野村一智,富田健,田中良明,"コンテンツ属性と配信待ち時間に対する効用の関係",2003年電子情報通信学会総合大会,No.SB-7-2,2003年3月.
  • 野村一智,矢守恭子,田中良明,"動画像ストリーミング配信におけるパケット優先度動的変更法",2003年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-120,2003年3月.
  • 八木規行,矢守恭子,高橋英士,田中良明,"料金設定による優先制御コンテンツ配信",2003年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-175,2003年3月.
  • 伊藤博礼,矢守恭子,田中良明,"差別化サービスの料金設定のための効用定量化",2003年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-35,2003年3月.
  • 富田健,矢守恭子,田中良明,"コンテンツ属性を利用した複数コンテンツ配信効用最大化",2003年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-174,2003年3月.
  • 八木規行,高橋英士,矢守恭子,田中良明,"動的料金設定による効率的コンテンツ配信制御",2003年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-10,2003年9月.
  • 平山純,矢守恭子,田中良明,"最低帯域保証差別化サービスの支払い意思額分析",2003年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-5,2003年9月.
  • 八木規行,高橋英士,矢守恭子,田中良明,"ユーザのサービス選択行動とコンテンツ配信効率",2004年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-100,2004年3月.
  • 伊藤博礼,矢守恭子,田中良明,"帯域保証・ベストエフォートサービス収入最大化のための最適条件",2004年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-102,2004年3月.
  • 伊藤俊輔,矢守恭子,田中良明,"制限式割込み形優先制御データ転送における最大ユーザ効用",2004年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-104,2004年3月.
  • 平山純,矢守恭子,田中良明,"最低保証帯域幅に対する総合的な支払い意思額の分析",2004年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-3,2004年3月.
  • 衛藤和宏,三好匠,矢守恭子,"認知情報がeラーニングの学習効率に与える影響",2004年電子情報通信学会総合大会,No.D-15-31,2004年3月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"ユーザ効用を考慮したマルチキャスト呼受付制御",2004年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-125,2004年9月. ●電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文(第一著者が受賞).
  • 伊藤博礼,矢守恭子,田中良明,"帯域保証サービスにおけるユーザ効用の導出",2004年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-10,2004年9月.
  • 矢守恭子,田中良明,"最低保証帯域幅の品質評価と支払意思額の関係",2004年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-11,2004年9月. ●電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文.
  • 須田洋平,矢守恭子,田中良明,"映像特性に応じたコンテンツ分類法",2005年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-27,2005年3月.
  • 伊藤博礼,矢守恭子,田中良明,"帯域保証サービスの収入最大化と最適価格",2005年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-28,2005年3月.
  • 伊藤俊輔,矢守恭子,田中良明,"多クラスストリーミング配信における料金とユーザ便益の関係",2005年電子情報通信学会総合大会,No.BS-6-1,2005年3月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"速度別マルチキャストコンテンツ配信の効用",2005年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-8,2005年9月.
  • 伊藤俊輔,矢守恭子,田中良明,"優先制御を用いたストリーミング配信とダウンロード配信における事業者収益の最大化",2005年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-9,2005年9月. ●電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文(第一著者が受賞).
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"マルチキャスト配信における低速ユーザ対策と低速ユーザ割合の関係",2006年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-92,2006年3月.
  • 唐澤肇,寺田真介,三好匠,矢守恭子,田中良明,"多対多マルチキャストツリーの遅延特性評価",2006年電子情報通信学会総合大会,No.B-7-183,2006年3月.
  • 須田洋平,矢守恭子,田中良明,"ユーザの視聴環境と映像コンテンツの関係",2006年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-23,2006年3月.
  • 伊藤俊輔,矢守恭子,田中良明,"コンテンツダウンロードサービスにおける支払意思額分析",2006年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-30,2006年3月.
  • 別所浩資,矢守恭子,田中良明,"IP放送の視聴モデルに応じた料金設定",2006年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-8,2006年3月.
  • 呑海賢次,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークの中継謝金受取意思額分析",2006年電子情報通信学会総合大会,No.B-21-43,2006年3月.
  • 柄沢直之,矢守恭子,田中良明,"アドホック・セルラ協調網における便益に基づく接続制御",2006年電子情報通信学会総合大会,No.B-21-57,2006年3月.
  • 柄沢直之,呑海賢次,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額の回帰分析",2006年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-5,2006年9月.
  • 呑海賢次,柄沢直之,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額関数の推定",2006年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-6,2006年9月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"コンテンツダウンロードサービスの呼損率に対するユーザ効用の調査",2006年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-21,2006年9月.
  • 唐澤肇,寺田真介,三好匠,矢守恭子,田中良明,"重回帰分析による多対多マルチキャストツリーコア選択手法の検討",2006年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-7-27,2006年9月.
  • 須田洋平,矢守恭子,田中良明,"移動端末での映像視聴における視聴目的と視聴場所の因子分析",2006年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-15,2006年9月.
  • 呑海賢次,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額のパターン分析",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-12,2007年3月.
  • 柄沢直之,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおける中継謝金受取意思額に基づく接続制御",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-13,2007年3月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"帯域によるリンク選別を用いたマルチキャストルーチング手法の効果",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-34,2007年3月.
  • 唐澤肇,寺田真介,三好匠,矢守恭子,田中良明,"複数の固定木を用いた多対多マルチキャストルーチングアルゴリズム",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-7-1,2007年3月.
  • 須田洋平,矢守恭子,田中良明,"携帯端末を用いた移動中の映像視聴に対するユーザ評価の分析",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-19,2007年3月.
  • 別所浩資,矢守恭子,田中良明,"定額制VOD形IP放送の料金と事業者収入",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-1,2007年3月.
  • 和田哲弥,矢守恭子,田中良明,"動画配信サービスにおける価格弾性値の導出",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-2,2007年3月.
  • 玉城康弘,矢守恭子,田中良明,"アドホックネットワークにおけるバナー広告閲覧謝金",2007年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-3,2007年3月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"複数サーバを用いたマルチキャストルーチング手法の効果",2007年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-13,2007年9月.
  • 別所浩資,矢守恭子,田中良明,"定額制VOD形IP放送サービスにおけるユーザ行動と事業者収入",2007年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-14-9,2007年9月.
  • K.Donkai, N.Karasawa, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Pattern Analysis and Modelling of Willingness to Receive Reward for Relay in Ad Hoc Networks", 2007 IEICE Communications Society Conference, No.BS-10-12, September 2007.
  • 柄沢直之,矢守恭子,田中良明,"オークション方式を用いたアドホックネットワークの接続制御",2008年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-52,2008年3月.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"複数サーバマルチキャストルーチングにおける選別閾値と効用の関係",2008年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-72,2008年3月.
  • 高田祐,矢守恭子,田中良明,"携帯端末用映像配信におけるコンテンツ視聴目的と待ち時間の関係",2008年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-5,2008年3月.
  • 呑海賢次,矢守恭子,田中良明,"中継謝金受取意思額に基づくアドホックネットワークルーチングの特性",2008年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-6,2008年3月.
  • 手塚一貴,別所浩資,矢守恭子,田中良明,"IP放送における事業者収入とユーザ便益の妥結点",2008年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-1,2008年3月.
  • 別所浩資,矢守恭子,田中良明,"定額制VOD形IP放送におけるサーバ規模に応じた料金設定",2008年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-2,2008年3月.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Stackelberg Game for Interconnection between Large ISPs and Small ISPs", 2008 IEICE General Conference, No.BS-3-13, March 2008.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"ブロック転送方式を用いた複数サーバマルチキャストルーチング",2008年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-22,2008年9月.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Potential Internet Balkanization as a Dangerous Phenomenon for Telecommunication", 2008 IEICE Communications Society Conference, No.BS-12-28, September 2008. ●電子情報通信学会情報通信マネジメント英語セッション奨励賞受賞論文(第一著者が受賞).
  • H.Q.Dang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Dynamic Pricing Scheme as a Congestion Control to Improve Service Quality", 2008 IEICE Communications Society Conference, No.BS-12-36, September 2008.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"マルチキャストサービスにおける帯域に基づく料金設定と事業者収入",2009年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-91,2009年3月.
  • 藤井拓也,矢守恭子,田中良明,"中継謝金受取意思額に基づくアドホックネットワークルーチングの特性比較",2009年電子情報通信学会総合大会,No.B-6-123,2009年3月.
  • 高田祐,矢守恭子,田中良明,"携帯端末によるコンテンツ取得における最大許容待ち時間とジャンルの関係",2009年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-26,2009年3月.
  • 手塚一貴,矢守恭子,田中良明,"定額制VOD形IP放送におけるサーバコストと視聴料金の関係",2009年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-1,2009年3月.
  • 高橋徹,矢守恭子,田中良明,富永英義,"アドホックネットワークにおけるセキュリティ意識が中継謝金受取意思額に与える影響",2009年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-2,2009年3月.
  • H.Q.Dang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Nash Bargaining Solution in a Congestion Price Scheme", 2009 IEICE General Conference, No.BS-4-6, March 2009.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "A Model of Two-Stage Game for ISP Peering Networks", 2009 IEICE General Conference, No.BS-4-18, March 2009.
  • 梶田剛広,矢守恭子,田中良明,"帯域による重み付けマルチキャストサービス料金設定と事業者収入",2009年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-6-29,2009年9月.
  • 手塚一貴,矢守恭子,田中良明,"従量制VOD形IP放送サービスにおける事業者収益",2009年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-14-10,2009年9月.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "An Analysis of ISP Interconnection Market", 2010 IEICE Communications Society Conference, No.BS-10-15, Septemer 2009.
  • H.Q.Dang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Auction Pricing Scheme for Adaptive Applications", 2009 IEICE Communications Society Conference, No.BS-10-20, Septemer 2009.
  • B.Gu, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "Wireless Network Access Market Using Threshold Price Double Auction Protocol", 2009 IEICE Communications Society Conference, No.BS-10-21, Septemer 2009.  ●電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文(第一著者が受賞).
  • 岡本司,矢守恭子,田中良明,"最低帯域条件を有するユーザに対する帯域確保サービスの効用評価",2010年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-14,2010年3月.
  • 坂田優一郎,三好匠,江口眞人,矢守恭子,山崎達也,"時間的制約下におけるユーザ体感品質の分析",2010年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-22,2010年3月.
  • 藤井拓也,矢守恭子,田中良明,"ポイント交換アドホックネットワーク通信サービスの提案",2010年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-3,2010年3月.
  • 手塚一貴,矢守恭子,田中良明,"従量制VOD形IP放送サービスにおける最適視聴料金",2010年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-7,2010年3月.
  • B.Gu, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "Pricing of Wireless Access Network Using Second-Price Auction Protocol", 2010 IEICE General Conference, No.BS-3-11, March 2010. ●電子情報通信学会学術奨励賞受賞論文(第一著者が受賞).
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Oligopoly of Parallel-Serial Network Connectivity", 2010 IEICE General Conference, No.BS-3-27, March 2010.
  • 孫麗花,矢守恭子,ザニケエフ・マラット,田中良明,"QoEから見たトラヒックエンジニアリングの評価",2010年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-2,2010年9月.
  • 筧武志,新熊亮一,村瀬勉,本吉彦,矢守恭子,高橋達郎,"移動経路上の無線資源を協力利用させる「寄り道」経路制御の検討",2010年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-10,2010年9月.
  • 岡本司,三宅功,矢守恭子,田中良明,"異なる最低帯域条件を有するユーザの帯域確保サービスの効用評価",2010年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-11-11,2010年9月.
  • 藤井拓也,矢守恭子,田中良明,"中継謝金のあるアドホックネットワークにおける通信料金設定",2010年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-14-9,2010年9月.
  • 手塚一貴,矢守恭子,田中良明,"従量制VOD形IP放送におけるユーザ便益と事業者収入の妥結点",2010年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.B-14-10,2010年9月.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Economics of ISP Multi-Homing", 2010 IEICE Communications Society Conference, No.BS-7-6, pp.S-55-S-56, September 2010.
  • B.Gu, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "Pricing of Wireless Local Access Network by Considering Compensation for Collisions", 2010 IEICE Communications Society Conference, No.BS-7-8, pp.S-59-S-60, September 2010.
  • C.Zhang, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "A Dutch-Auction Pricing Mechanism for Network Congestion Control", 2010 IEICE Communications Society Conference, No.BS-7-7, pp.S-57-S-58, September 2010.
  • 岡本司,三宅功,矢守恭子,田中良明,"企業ユーザ向け帯域確保サービスの効用最大値の導出",2011年電子情報通信学会総合大会,No.B-11-13,2011年3月.
  • 藤井拓也,矢守恭子,田中良明,"中継謝金アドホックネットワークサービスにおける料金とユーザ効用並びに事業者収益の関係",2011年電子情報通信学会総合大会,No.B-14-24,2011年3月.
  • B.Gu, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "Admission Control Algorithms Integrated with Pricing for Revenue Optimization in Wireless Local Access Networks", 2011 IEICE General Conference, No.BS-4-4, March 2011.
  • C.Zhang, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "Comparison between Dutch-Auction Congestion Pricing and Gradient Projection Congestion Pricing", 2011 IEICE General Conference, No.BS-4-24, March 2011.
  • J.Wang, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Price and Capacity Competition among Large ISPs", 2011 IEICE General Conference, No.BS-4-26, March 2011.
  • S.Keoung, K.Yamori, and Y.Tanaka, "Competition of Mobile Telecommunication under Mobile Number Portability", 2011 IEICE General Conference, No.BS-4-28, March 2011.
  • 太田能,新熊亮一,長谷川剛,矢守恭子,村瀬勉,"パレート最適ネットワーク制御技術の実現にむけて",2011年電子情報通信学会総合大会,No.BS-5-1,2011年3月.
  • 新熊亮一,矢守恭子,"経済学的アプローチによる通信資源制御",2011年電子情報通信学会総合大会,No.BS-5-2,2011年3月.
  • 筧武志,新熊亮一,村瀬勉,本吉彦,矢守恭子,高橋達郎,"「寄り道」移動経路を考慮した協力的経路選択の検討",2011年電子情報通信学会総合大会,No.BS-5-3,2011年3月.
  • 筧武志,村瀬勉,本吉彦,矢守恭子,新熊亮一,高橋達郎,"無線アクセスにおける「寄り道」効果の実機を用いた実証実験",2011年電子情報通信学会総合大会,No.BS-5-3,2011年3月.
  • 岡本司,三宅功,矢守恭子,田中良明,"企業ユーザの便益を考慮した帯域確保サービスの設計法",2011年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, No.B-11-3, 2011年9月.
  • B.Gu, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "QoS Management and Load Balancing in Wireless LANs", 2011 IEICE Communications Society Conference, No.BS-6-1, September 2011.
  • C.Zhang, K.Yamori, S.Xu, and Y.Tanaka, "Congestion-Based Pricing in Differentiated Service Network", 2011 IEICE Communications Society Conference, No.BS-6-45, September 2011.
  • 村瀬勉,新熊亮一,矢守恭子,"ユーザと網とのパレート最適を目指したユーザ移動協力制御",2011年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会,No.BS-4-4,2011年9月.

紀要(Reserch bulletins)

  • 秋丸春夫,矢守恭子,"情報インフラとしてのインターネット",朝日大学経営論集,Vol.11,No.1,pp.182-192,1996年6月.
  • 秋丸春夫,矢守恭子,古田泰治,"ATMシステムの実用的設計法",朝日大学情報学研究,Vol.7,pp.11-21,1998年3月.
  • 秋丸春夫,M.R.フィンレイ,矢守恭子,"名古屋サテライトの遠隔教育環境について",朝日大学経営論集,Vol.13,No.1,pp.83-89,1998年6月.
  • 矢守恭子,秋丸春夫,M.R.フィンレイ,"テレビ会議システムの評価に関する研究",朝日大学経営論集,Vol.13,No.2,pp.185-194,1998年12月.
  • 矢守恭子,秋丸春夫,M.R.フィンレイ,"テレビ会議システムの画像評価に関する研究",朝日大学情報学研究,Vol.8,pp.13-21,1999年3月.
  • 秋丸春夫,矢守恭子,木澤隆典,"テレビ会議システムのトラヒック設計",朝日大学情報学研究,Vol.8,pp.23-32,1999年3月.
  • 矢守恭子,M.R.フィンレイ,秋丸春夫,"国際遠隔教育に関する試行実験",朝日大学経営論集,Vol.14,No.1,pp.119-126,1999年6月.
  • 矢守恭子,"テレビ会議システムの最適画像信号速度に関する研究",朝日大学大学院経営学研究科紀要,Vol.1,pp.1-10,1999年11月.
  • 矢守恭子,種田智哲,秋丸春夫,"インターネットにおける遠隔教育に関する研究",朝日大学情報学研究,Vol.9,pp.1-9,2000年3月.
  • 翁長健治,田中良明,宮城隼夫,屋比久友秀,矢守恭子,根路銘もえ子,"グループ紹介 通信・放送機構直轄研究「ロバスト情報配信プラットホームに関する研究開発プロジェクト」",画像電子学会誌,Vol.33,No.2,pp.294-297,2004年3月.
  • 田中良明,矢守恭子,徐蘇鋼,高橋英士,"DiffServ等差別化サービスのプライシング",電気通信普及財団研究調査報告書,No.19,pp.307-315,2004年12月.

著書(Books)

  • 大野典子,和泉潤編,和泉潤,小倉博行,草瀬美緒,富川国広,板谷雄二,小澤雪絵,田口貢,矢守恭子著,"ITが地域を変えていく",成文堂,2001年3月(第6章執筆 矢守恭子).

招待講演(Invited talks)

  • 矢守恭子,田中良明,"料金と効用に基づくユーザ行動モデルの構築とその応用"(招待講演),電子情報通信学会技術研究報告, No.IN2006-121,Vol.106,pp.43-48,2006年12月.
  • 矢守恭子,"ユーザからみた情報通信ネットワーク/サービス‐学際的研究アプローチ:理系文系の枠を超えて‐", 東京工業大学:男女共同参画推進・女性研究者キャリアモデル提示講演, 2010年2月.
  • 矢守恭子,田中良明,"通信品質からQoEへの定量化とユーザ効用最大化"(招待講演),電子情報通信学会技術研究報告,No.HIP2010-11,HCS2010-11,pp.59-64,2010年5月.
  • 新熊亮一,矢守恭子,"経済学的アプローチによって広がる通信制御・応用の可能性" (招待講演),電子情報通信学会技術研究報告,NS2010-60,IN2010-44,CS2010-28,pp.97-72,2010年9月.
  • 村瀬勉,新熊亮一,長谷川剛,矢守恭子,小口正人,太田能,D.Sarkar,D.Raychaudhuri,"パレート最適ネットワーク制御技術の実現にむけて ~ 無線・有線コグニティブ環境におけるユーザを主体としたネットワーク制御 ~"(招待講演),電子情報通信学会技術研究報告,No.CQ2011-38,No.MoMuC2011-22,pp.57-62,2011年9月.

学位論文(Dissertations)

  • 矢守恭子,"次世代情報基盤に関する研究",朝日大学大学院経営学研究科修士論文,1996年12月.
  • 矢守恭子,"テレビ会議システムの効用と画像信号速度に関する研究 -遠隔教育を事例として-",朝日大学大学院経営学研究科博士論文,1999年12月.